長時間を費やしてきたので、わたしは絶えずコーンウォールを世界でわたし

そこに長時間を費やしてきたので、わたしはしょっちゅうコーンウォールを世界で私の好きな場所のひとつと考えます。イングランド南西部のこういう郡は、美しい漁村、眩しい海岸、広大な荒野、海賊とピクシーの物語で構成されています。

方々がわたしがとうもろこしウォール州で育ったことをわかるたびに、すぐに言及することが一種あります。コーンウォールペースト。こういう地元のお菓子は、その形のおかげで17世紀に人気を集めました。その厚い地殻では、それは食器なしで簡単に食べられ、スタッフ、断然昔の鉱山で働いた人間にとって理想的な昼めしになります。牛肉、ジャガイモ、タマネギ、スウェードが入っていて、ペストリーに入った「Cornish Pasty」というタイトルは保護されていらっしゃる。とうもろこしウォールでペーストされていない以上、コーンウォッシュペーストとは言えません!

コーンウォールペストリーは、一番おいしいですが、ますますうまいとうもろこしウォールで発見できる別のケーキがあります。とうもろこしウォールの多くの可愛らしいちっちゃな海辺の村で者を見つけたなら、風変わりな喫茶店に行き、「クリームティー」を注文して下さい。わたしを信じて。あなたは大規模な、新鮮なscone、イチゴジャムのボウル、凝固したクリームの大きな集会、無論、お茶のカップを得るでしょう。これはスコーンに広げられたジャムで食べられ、クリームがトッピングされています(隣接講じるデボン州の人々は、スコーンの上に流れるクリームでそれらを食べ、ジャムをトッピングする)。http://xn--68j9dya1778bl2kuuy12ij9s7gi.jpn.org/